ブログ | 町田の大人の為の美容室Rowse

町田 美容室 Rowse お問合せ・ご予約はコチラ

髪の毛の乾かし方


Pocket

町田の美容室ROWSEです

いつもROWSEのブログをご覧いただき

ありがとうございます

 

 

 

髪の毛は

洗い方と乾かし方を意識すると

劇的に髪の見た目

肌触りが変わります

 

ポイントは「洗い方」と「乾かし方」

です

 

最近なんだか髪の毛の艶がなくなって、クセが出てきた気がする

その原因は加齢による痛みかもしれません

 

キーワードは

「ドライヤーは温風と冷風を交互に2回」


「髪のツヤやうねりは、

洗い方や乾かし方を

少し変えるだけで改善できます」

 

 

ポイントは

「予洗いをしっかりとする」

「髪はゴシゴシと洗わない」

この2つです

 

髪の洗い方ですが

お風呂に入る前に、しっかりと髪をブラッシングします

「お湯だけで予洗い」をしっかります

これで髪の汚れの、ほとんどが落ちます

シャンプー剤は髪の根元で泡立てます

爪を立てないようにします

指の腹で、頭をほぐすような感じで

頭皮をしっかりと動かすように洗います

髪の毛自体の汚れは

予洗いでだいたい落ちているので

根元にある泡を指で毛先に向かった通すだけで

大丈夫です

髪の毛同士をこすり合わせて摩擦させないように

しましょう

 

髪をゴシゴシ洗ってしまうと

緩んだキューティクルにダメージを与えるだけでなく

髪に必要な栄養や水分も失われてしまいます

泡をきちんと洗い流してから

トリートメントは毛先を中心につけましょう

 

乾かし方ですが

ポイントは「タオルドライをしっかりとする」

「必ずドライヤーで乾かし、冷風機能を上手に活用する」

この2つです

なるべく吸水性の良いタオルで圧するように

水分を取りましょう

髪の毛を摩擦しないようにしましょう

 

自然乾燥はNGです

髪が濡れて、キューティクルが開いた状態が長引くと

髪がダメージを受けやすくなります

「かゆみ」や「臭い」の原因になります

 

タオルにある程度の水分を吸収させた後

ドライヤーの「温風と冷風のセット」で乾かします

冷風機能を活用することで

髪内部の水分保持に役立ちます

 

「温風と冷風」を2回は繰り返して

最後に「冷風」で終わらせることがポイントです

そうすることで、髪を保護するキューティクルが引き締まり、ツヤが出ます

気温が上がるこれからの季節は

朝シャンして髪が濡れたまま外出したり

自然乾燥で髪が乾き切らないまま寝たりすることが多くなりがちです

 

そうすると、髪を保護するキューティクルが開いたままの状態となってしまい

防御機能を果たせなくなります

 

髪内部の水分も失われてますますパサつきがひどくなり

艶が失われたり

うねりが出たりしてしまいます。

『髪は女の命』とよく言われます

髪のエイジングやパサつきが気になる方は

シャンプーの仕方や髪の乾かし方を

意識してみませんか?

きっと変わってきますよ~

 

  • ホーム
  • メニュー
  • スタッフ
  • ヘアスタイル
  • エイジングケア
  • アクセス