ブログ | 町田の大人の為の美容室Rowse

町田 美容室 Rowse お問合せ・ご予約はコチラ

エルゴチオネインってなんでしょ?


Pocket

町田の美容室ROWSEです

 

いつもROWSEのブログをご覧いただき

ありがとうございます

 

今回はエルゴチオネインという成分についての話です

 

ROWSRでは

現在

エルゴローション

エルゴクリーム

エルゴ茶などに

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このエルゴチオネインという成分がはいってます

 

玉川大学の吉村先生という人も

エルゴチオネインに関しての論文を発表しているようです

大学の先生が発表するので

信頼度はかなり高いです!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エルゴチオネインは抗酸化物質の一つで

1909年にライ麦の麦角(イネ科植物などの穂に寄生する菌)から

発見されたようです

 

このエルゴチオネインは天然のアミノ酸のひとつで

キノコなどの菌類やマイコバクテリアなんですが

 

残念ながらこのエルゴチオネインは私たちの体内で

キノコからエルゴチオネインを分解して吸収する酵素を

人間の体は持ってないんです

 

なので、沢山キノコを食べてもエルゴチオネインを

身体にキノコから取り込むことは難しいようで

そうなると外部から成分を取り入れるということになるんです

 

 

ではエルゴチオネインの大きな特徴とは・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まず熱に強い

よく「茹でちゃうと成分が壊れちゃうから・・・」

という話もよく耳にしますが

エルゴチオネインは耐熱性があり

酸やアルカリにも耐性があるので

料理や加工で機能が低下しにくいらしいです

 

次に身体のいろんな場所で活躍

食事などで取り込んだエルゴチオネインは胃で分解されないで

いろんな組織に送りこまれます

特に肝臓や腎臓や心臓などには多く行くようです

体内の解毒班ともいえる肝臓や膵臓は酸化ストレスを背負いやすいからです

 

そして体内の保持期間が長い

一度体内に入ったエルゴチオネインは

箇所によって留まる長さは異なるようですが

身体の中に長く留まります

 

 

他の成分を阻害しまい

体内にはもともと、カタラーゼやスーパーオキシドディスムターゼなどの

抗酸化酵素を生み出す仕組みがあって

それらは決まった対象物(スーパーオキシド、過酸化水素)に働きかけます

エルゴチオネインは他の成分の邪魔など阻害はしないようです

その代わり最も過激派な活性酸素ヒドロキシラジカルへ

積極的にアタックします。

抗酸化酵素には過激に反応しないエルゴチオネインですが、

活性酸素に対しては非常に素早く反応し、

他の組織が酸化されるのを防ぎます

 

その働きが結果的に病気のきっかを未然に防いでくれたり

余分な肌の老化などを抑えてくれると考えられてます

 

実際のところ

まだまだ研究が行われている段階ですが、

今のところエルゴチオネインによる副作用は確認されていないようです

 

  • ホーム
  • メニュー
  • スタッフ
  • ヘアスタイル
  • エイジングケア
  • アクセス