ブログ | 町田の大人の為の美容室Rowse

町田 美容室 Rowse お問合せ・ご予約はコチラ

気になる産後の抜け毛対策のお話


Pocket

町田の美容室ROWSEです

 

いつもROWSEのブログをご覧いただき

ありがとうございます

 

今回は出産後しばらくして抜け毛に関しての

お話です

 

 

 

 

 

 

 

まずは産後に髪が抜ける主な理由についてですが

妊娠中は、エストロゲン・プロゲステロンという

女性ホルモンの分泌量が増えます

これらの女性ホルモンは、抜け毛を防いだり

髪の毛の成長を促す作用があるために

妊娠中の髪の毛は抜けにくくなってます

 

出産後に女性ホルモンの分泌が徐々に減るために

それまで成長を続けていた髪が抜けはじめます

ホルモンの影響をうけやすいのです

本来、抜ける時期の髪と通常抜ける時期の髪が

重なり多く抜けてしまいます

 

 

あと産後で慣れない育児に奮闘しながら

家事で毎日忙しい日を過ごしていると

自分で気づかないうちにストレスを感じていることもあるとおもいます

ストレスを感じ続けることにより、頭皮の血行が悪くなり、頭皮に十分な栄養が運ばれなくなります

 

髪を作る土台となる頭皮に栄養が足りなければ、健康的な髪の毛は育ちません

成長期を迎える前に髪が抜け落ちている可能性があります

 

赤ちゃんが生まれると、数時間おきの授乳などで

おかあさんは寝不足になりがちです

 

昼間も家事や赤ちゃんのお世話で休めないで生活習慣が乱れがちです

睡眠不足が重なることで、頭皮の血流が悪化して抜け毛につながることがあります

 

産まれたての赤ちゃんのことを優先にして過ごすお母さんは

食事も簡単で手軽に食べられるものになりやすいです

 

そのことにより、栄養のバランスが崩れて抜け毛が増えることがあります

また妊娠中に増えた体重を落とすために

食事制限をしてダイエットをするお母さんもいますが

これも抜け毛を増やす原因になりかねません

 

 

 

 

 

 

では

産後の抜け毛対策はどおしたら良いかというと

産後1年ほどで抜け毛は落ちつくといわれています

まずは自分でできる抜け毛対策を実践してみましょう

 

栄養をしっかり摂りましょう

髪の毛の成長に必要な栄養を、しっかり摂るようにしましょう

 

たんぱく質

肉・卵・大豆に多く含まれているたんぱく質は

健康な頭皮を保つ働きがあります

たんぱく質は髪の毛の主成分にもなるので

しっかりと摂取しておきたい栄養素になります

 

とくに大豆や納豆には

女性ホルモンエストロゲンと似た働きをする

イソフラボンも含まれているので意識して取り入れるといいでしょう

 

 

ミネラル

亜鉛や鉄を多く含むミネラルは

髪の毛に潤いを与える働きがあります

ひじき・わかめ・昆布などの海藻類や

アーモンド・カシューナッツ・ピスタチオなどにも含まれています

 

ナッツ類は、忙しい育児の合間でも手軽に食べられるので

良いでしょう

 

カルシウム

髪の毛のツヤやコシを出すために必要なのがカルシウムです

カルシウム不足になると、脳神経の働きが悪くなり、頭皮にも悪影響を及ぼします

カルシウムを多く含む食材は、小魚・乳製品・油揚げなど

 

ビタミンB群

ビタミンB群は、バナナ・マグロ・じゃがいも・牛乳・レバーなどに多く含まれています。

髪の原料となるたんぱく質の代謝をサポートする

ビタミンB群は、髪の毛にかかせない栄養素です

 

水に溶けやすい性質があるので、ゆでると栄養分が溶け出してしまいます

生のまま食べる、焼く、ゆで汁まで丸ごと食べられるスープにするなど

おススメです

 

サプリを利用する

バランスのよい食事が大切なのはわかっていても

産後は思うように食事をとれないことも多いでしょう

そんなときは、サプリメントを取り入れるのもひとつの方法です。

 

妊娠中~産後の授乳中でも飲めて、

不足しやすい栄養素を摂取できるサプリもたくさんあります。

不足しがちな栄養素を含むサプリで摂取しましょう。

 

子育て中でも、ストレスをため込まないように息抜きは必要です

ご両親やご主人など周囲の協力も大切です

好きな音楽を聞くなど、ちょっとした

自分なりのストレス解消法をみつけておきましょう

 

家のことは多少手を抜くことも大切です

赤ちゃんが眠っているときはお母さんも一緒に横になり身体を休ませましょう

体を回復して、髪の毛の発育にも影響する成長ホルモンは、眠っている間に増加します

 

赤ちゃんの月齢が小さいうちは、

まとまった睡眠をとるのが難しいかもしれませんが

眠れるときに眠って休めるときに

身体を休ませることで、自律神経が安定して頭皮環境の改善にもつながります

 

産後はホルモンバランスが不安定なため、頭皮は敏感な状態になってます

皮膚トラブルを避けるためにも、頭皮の刺激となることは考慮しましょう

刺激と言っても頭皮マッサージはおススメです

毎日するシャンプーも刺激の弱いシャンプーで

頭皮を傷つけないように丁寧にしましょう

 

 

 

 

 

 

ではROWSEがおすすめする

髪型での対策は

産後の抜け毛で、部分的に髪が薄くなったという場合は、

ヘアスタイルでお悩み対策を

 

まず1つの方法は髪の毛を短くするということもあります

髪が長いと、抜け落ちた髪も目につきやすいので

それがストレスとなることがあります。

髪型をボブやショートなど短めにすることで

抜け落ちる髪が目につくことも減るため

気分的にも楽になることがあります

長さを短くしたくないという方は

髪をすいてバランス良く量を減らすのもオススメです

 

分け目をつくらなかったり、分け目を変える

前髪の生え際や分け目は、髪の薄さが目立つ部分になります

分け目や生え際が目立たない髪型にするだけでも、見た目の印象は大きく変わります

 

また

「髪型で薄毛をカバーできない」

「外出時、髪にかける時間が取れない」

という方は

小物を利用するという方法もあります

ヘアバンドや帽子など

場合によりはウィッグなども帽子代わりとして役立ちます

 

産後の抜け毛で悩んでいる時は

遠慮しないで担当のスタッフに相談してください

  • ホーム
  • メニュー
  • スタッフ
  • ヘアスタイル
  • エイジングケア
  • アクセス