ブログ | 町田の大人の為の美容室Rowse

町田 美容室 Rowse お問合せ・ご予約はコチラ

カラー剤に使われている過酸化水素水


Pocket

町田の美容室ROWSEです

いつもROWSEのブログをご覧いただき

ありがとうございます

 

今回は

ヘアカラーをするときに

 

 

 

 

 

 

使われることがある過酸化水素水について

おはなしします

 

 

 

 

過酸化水素水はヘアカラーで

一剤と二剤に分かれていて

カラー剤を使うときに

二つを混ぜるものでアルカリ性ヘアカラーの

時に使われる

いわゆる2剤です

 

 

この過酸化水素水が

どのような役割をしているかというと

 

 

一剤のアルカリ性薬品で髪の表面にあるキューティクルを

開かせ二剤と言われている過酸化水素水で

開いているキューティクルから入り込んで

色を定着させるという方法です

 

 

たしかに髪がダメージは与えてしまいますが

染めてすぐにダメージがあからさまにわかるわけではなくて

その傷みは、ヘアカラー後であれば顕微鏡レベルでわかる程度です

 

 

 

 

 

 

過酸化水素水の働きは

カラー剤の染料を酸化して発色を助けたり

髪のメラニン色素を分解します

また濃度が高ければ高いほど脱色作用が強くなり

ダメージも大きくなります

 

 

国内のメーカーでは

最大で6%が一番濃くて

他に4%や2%など数種類出ていて

僕たち美容師は髪の状態や出したい明るさなどで

単体で使ったり混ぜて比率を調整したりして

使用しています

 

過酸化水素は刺激の強い成分で

強さが高いと劇薬指定のものになりますので

取扱いには十分注意する必要があります

 

髪を内部からしっかり染めたいときに

どおしても過酸化水素水の存在は欠かせないというわけなんですね

頻繁に白髪染めや市販のヘアカラーを使ってると

その薬剤も頭皮からしみこんでいきます

微量ではあっても、異物として体反応しますが

小さいと体の中に残っていきます

それが積みかさなり

場合によって

突然のアレルギーを引き起こすことがあります

ROWSEではお客様に末永くヘアカラーを楽しんで

いただけるように

この過酸化水素水やジアミンという成分を

分解して中和するデトックストリートメントを

推奨させていただいてます

 

ROWSEのデトックストリートメントで

末永くヘアカラー楽しみませんか?

デトックストリートメントは

プラス¥1000(消費税別)です

  • ホーム
  • メニュー
  • スタッフ
  • ヘアスタイル
  • エイジングケア
  • アクセス