ブログ | 町田の大人の為の美容室Rowse

町田 美容室 Rowse お問合せ・ご予約はコチラ

ソティルを使った「ソティルセラピー」


Pocket

町田の美容室ROWSEです

いつもROWSEのブログをご覧いただき

ありがとうございます

 

今回はソティルセラピーに関連した

お話を・・・・・

いつも常に体がだるかったり

気持ちが塞いでいたりすることってありませんか?

その原因はもしかすると「脳の呼吸」の乱れから

きてるかもしれません!

 

誰もが知っている

 

肺呼吸とは別に

「脳の呼吸」も実はあるんです

 

 

人間の脳と脊髄は

「硬膜」という袋で覆われていて

この袋と脳や脊髄の間にある空間(くも膜下腔)は

「脳脊髄液(または髄液)」で満たされています

 

 

脳脊髄液は1分間に約0.35mlのペースで脳で作られています

 

脳や首や背中といった脊髄などの

体内を循環しています

 

脳脊髄液を作るときに脳は膨らんで

排出するときに元の大きさに縮みます

この膨張と収縮という動きが

「脳の呼吸」ということです

 

脳の呼吸のことを「一次呼吸」と言い

肺の呼吸のことを「二次呼吸」と言います

 

くも膜下腔内の脳脊髄液の量と圧力をほぼ一定に保つたに

脳の毛細血管や静脈系など体のいろいろな場所が

これを吸収していると考えられています

 

この仕組みが実は心身のコンディションに

大きな影響を及ぼしています

 

脳の呼吸に何かしらのトラブルが起きてしまったり

脳脊髄液の吸収が滞ってしまうと

頭蓋骨そのものも膨らんだり

体全体も膨らんだりしてしまいます

 

脳は体のコントロールボックスなので

脳をはじめとする器官を圧迫して体調を悪くしたり

思考などにも悪影響を与えて心のバランスを乱したりする

ことになります

 

脳の呼吸は基本的に呼吸と同じ1分間に

約15回のペースで行われていると言われてます

 

でも体調が悪くなったり

脳の呼吸が乱れると

脳が脳脊髄液の排出をうまくできなくなり

 

正常時よりも膨らんでしまいます

頭蓋骨は実は柔らかく弾力性があるので

このとき脳と一緒に頭全体が膨らんでいるのです

「脳の異常な圧迫」はかなり問題があります

作ったものの排出されない脳脊髄液が脳を膨張させ

頭蓋骨内で圧迫されてしまうことは

良くありません

 

脳がしっかりと呼吸できていても

排出された脳脊髄液を体内で吸収できなくなると

心身に不調が生じます。

例えば肺呼吸が浅くなるのも

どおやらこれが原因のようです

 

 

ROWSEのリフレッシュセラピーで使われている

ソティルという化粧品ですが

ソティルは、マイナスとプラスのイオンをバランスよく保持していて

イオン交換の活性化につながります

 

 

 

 

 

 

 

 

ソティルセラピーを施すと脳脊髄液の

循環が正常化し頭蓋骨のむくみが解消され小さくなります

ソティルはイオンなので

頭皮から背中の脳脊髄液が流れている場所にに付けることで

頭皮

頭蓋骨

硬膜

脳脊髄液に到達し

余分な脳脊髄液を下に降ろしてくれるので、

脳圧が下がって頭が小さく

通常の大きさに戻ります

 

 

 

 

 

 

 

 

脳の状態を正常で健康なコンディションに

していることがとても大切です

 

脳がベストコンディションでいることで

病気からも身体をまもることができます

 

現代病でもある

脳疲労も解消できるとともに

お顔のリフトアップ効果も高いです

 

 

  • ホーム
  • メニュー
  • スタッフ
  • ヘアスタイル
  • エイジングケア
  • アクセス