ブログ | 町田の大人の為の美容室Rowse

町田 美容室 Rowse お問合せ・ご予約はコチラ

明るめのカラーやブリーチしたときピリピリしませんか?


Pocket

町田の美容室ROWSEです

 

いつもROWSEのブログをご覧いただき

ありがとうございます

 

今回は髪の毛をブリーチしたときに

ピリピリ沁みる

お話です

 

 

 

 

 

 

 

ヘアカラーをする方の多くは直接ブリーチして

明るくしてから再度染める

ダブルカラーという技術があるのですが

ごく少数の方です

 

 

 

 

 

 

でも実は明るめのカラーをするときには

すでに薬剤のなかにブリーチ効果のあるものが

混ざってます

 

では、そもそもブリーチとは?

 

ブリーチとは2つの薬剤を混ぜて
化学反応を起こした薬剤を髪の毛に塗ることにより
髪の毛の色を抜きます
ブリーチは何回も繰り返すことで髪の毛の色素を
抜くことができ
ブリーチ後にヘアカラーをすると
色の入りが良くなり
外人のような透明感の出る色になるので
髪の毛を染める時にはよく使用されています
ブリーチは髪の毛を脱色できる反面
頭皮や髪の毛へのダメージが激しく個人差はあります
我慢できないほどの傷みや頭皮に湿疹ができたり
頭皮がむけたりなどの肌トラブルになることがあります
また、ブリーチは色素やキューティクルを壊すので
髪の毛も傷みやすくパサパサとした質感になってしまう場合もあります
ブリーチをすると頭皮がかゆくなったり痛みを感じるのは
ブリーチ剤の成分に理由があります
ブリーチ剤は主にアンモニア水と
過酸化水素水の2つの薬剤を混ぜて使用します
ブリーチはこの2つの薬剤が混ざることによる
化学反応を利用して髪の毛を脱色する仕組みです
刺激が強く痛みの原因と考えられるのが
過酸化水素水です
過酸化水素水には漂白作用があって
ブリーチはこの漂白作用も利用して
髪の毛のメラニン色素やキューティクルを壊していきます
漂白剤は刺激が強めで肌の弱い人だと
ピリピリとした痛みを感じます
髪の毛に塗るとで
痛みやかゆみを引き起こすことがあります
染めたときに
薬剤が
沁みたり
痒くなる方は
スタッフにお声かけくださいね
  • ホーム
  • メニュー
  • スタッフ
  • ヘアスタイル
  • エイジングケア
  • アクセス