ブログ | 町田の大人の為の美容室Rowse

町田 美容室 Rowse お問合せ・ご予約はコチラ

肌と髪の毛と卵の関係


Pocket

町田の美容室ROWSEです

 

いつもROWSEのブログを

ご覧いただきありがとうございます

 

今回は髪の毛と卵の関係のお話です

 

 

 

 

 

 

髪の毛と卵について先日

こんな研究発表が

 

皮膚の保湿、弾力改善作用で化粧品配合剤として

注目される加水分解卵殻膜の

経口摂取による効果の研究報告が

1月6日に「Journal of Cosmetic Dermatology」という

オンラインに掲載されたようです

 

 

健康な中年成人88人を対象にして

試験製品を用いた12週間の無作為化二重盲検プラセボ対照試験を実施

 

効果の評価に髪と、肌と、肌、爪を実験したようです

 

その結果、加水分解卵殻膜の経口摂取は、

4週で目じりのしわ

顔の皮膚の外観に大幅な改善

8週で肌の色調改善があったようです

 

また、4、8、12週では、髪の太さと痛みの改善と成長の促進が見られたそうですが

爪の主観的な改善(外観、強度、成長)は確認できなかったようです

 

 

これを

もう少しわかりやすく言うと

 

健康的な成人の88人に『加水分解卵殻膜』を

12週間経口摂取してもらった結果

肌と髪の毛に大幅な改善効果があったということです

 

でも髪の毛とよく似た、

タンパク質で出来ている

「爪」には効果が確認できなかったそうです

 

「卵殻膜」という言葉を

聞いた方は少ないかもしれませんが

卵殻膜というのは

卵の「薄皮」のことを言います

 

「卵殻膜」というのを具体的にどんなものかというと

ゆで卵の状態にするとわかります

卵の殻の内側にある

卵殻膜(うす皮)はケラチンタンパク質で出来ていて

卵の中で育つ大事な生命をやさしく包み込み、

外部からの微生物の侵入を防ぐなど、大切な働きを

しているらしいです

 

 

卵殻膜には、

3型コラーゲンを増やす働きがあるらしくて

美肌細胞の補助によるコラーゲンやヒアルロン酸の生成を促進する

人の肌や髪を構成するアミノ酸(シスチン)が非常に多く含まれる

などの効果がある言われていて

 

健康食品や化粧品・ヘアケア剤などにも含まれていて

ROWSEでも昔からつきあっている

メーカーのデミコスメティクスは

以前からこの卵殻膜の重要性を話していて

以前から薬品などの中にすでに

卵殻膜成分を配合していました

パーマをかけるとき使う

ロットをまく時のペーパーにも

「卵殻膜」成分が練りこまれてます

 

 

傷んだ髪にはたまごのうす皮が潤いを与えとても有効です。

 

今回の研究報告で

4週目で、目じりや顔のシワの改善され

8週目で、肌の改善され

12週目で、髪の毛の太さや痛みの改善、成長の促進

などと言われていて

肌や髪を構成するタンパク質とよく似ている卵殻膜を摂取する事で、

顔のシワや肌質の改善や

毛髪の太くなったり、

早く伸びるという効果が確認されたとのことです。

 

 

 

 

今回は

関西の美容師さん

あっくんのブログを参考にさせて

いただきました

  • ホーム
  • メニュー
  • スタッフ
  • ヘアスタイル
  • エイジングケア
  • アクセス