ブログ | 町田の大人の為の美容室Rowse

町田 美容室 Rowse お問合せ・ご予約はコチラ

傷んだ髪って?


Pocket

町田の美容室ROWSEです

 

いつもROWSEのブログを

ご覧いただきありがとうございます

 

サラサラで艶やかな髪の毛にするためにも、

傷んだ髪の毛がどんな状態であるのかを知ることも

大切です

 

傷んだ髪の毛は「パサパサ」「指を通すと引っかかる」とか

見た目や手触りなどでわかりますが、

髪の毛は、大きく分けて3つの層からできています。

 

 

 

 

 

 

 

 

中心にあるのが「メデュラ」

メデュラを覆う2層目が「コルテックス」

コルテックスを包み込んでいるのが1番外側の「キューティクル」です。

 

 

メデュラは、メラニン色素や脂肪、

空気を多く含み髪に弾力を与え、

熱などから頭を守る働きがあります。

 

 

コルテックスは主にタンパク質やメラニン色素でできており、

たくさんの水分を含んでいます。紫外線から地肌を守り、

髪の毛の色を決める役割もあります。

 

ストレートヘアやクセ毛などの形状も、

コルテックスのタンパク質含有量が影響しているのです。

 

 

外側にあるキューティクルは、

薄くて固いタンパク質で、

うろこ状になっています。

キューティクルは、

外部の刺激から髪を守る役割を持っていますが、

何らかの原因でキューティクルが剥がれたり傷ついたりしてしまうと、

コルテックスのタンパク質や水分が出てしまいます。

その結果、髪がパサつき、

しなやかさや艶やかさが失われてしまうのです。

そして、さらにダメージが進むと内部が空洞化していき、

切れ毛や枝毛になっていきます。

 

髪の毛は、爪と同じようにすでに死んでしまった細胞なので、

1度傷んだら自力で修復する力は備わっていないと

言われてました

そのため、傷んでしまった髪を、

元気な状態に戻すことは不可能と言われてましたが

最近は修復できる可能性があるとも

一部の研究で言われ始めてると

聞きますが、まだ定かではありません

 

いまの段階ではトリートメントなどの日ごろのケアで、

ダメージを抑えることや補修することは可能です。

 

  • ホーム
  • メニュー
  • スタッフ
  • ヘアスタイル
  • エイジングケア
  • アクセス