ブログ | 町田の大人の為の美容室Rowse

町田 美容室 Rowse お問合せ・ご予約はコチラ

最近の隠れキーワード「免疫力」


Pocket

町田の美容室ROWSEです

いつもROWSEのブログを

ご覧いただきありがとうございます

 

 

連日のように報道される

新型コロナウィルスのニュース

聞かない日はないですね

 

新型コロナウイルスによる肺炎の感染が広がる中で

感染経路は、飛沫感染または接触感染と言われてますね

自己防衛として

うがい、手洗い、消毒

そしてよく言われているのが

免疫力です

自分に免疫力が高いか低いかは、

風邪をひきやすいか

怪我は治りやすいのか

などで免疫力を知る1つです

 

あと忘れていけないのは

深呼吸と食物繊維たっぷりの食事のようです

 

免疫力が高いと、

感染症にかかる確率は低くなると言われてます

ではこの免疫力ってなんでしょう?

 

風邪などのウイルス

免疫が高いと風邪などの感染症にかかりにくくなったり

症状が出たとしてもも軽く済むことがあります

 

花粉症

実は花粉を体内に入れないように

鼻水や涙を出して洗い流しているということなんです

 

怪我

ばい菌に対して免疫がしっかり働いていると

傷が化膿しないで回復が早い

 

癌細胞

外から取り込まれてくるものではなくて、

自分で作り出してしまった悪い細胞も、

毎日やっつけてくれている。

これについては1日に500もの悪い細胞が

できようとしているのに

免疫力で抑え込んでるという話も

1日1回大笑いすることで

撃退につながっいてるという説も

 

 

しかし・・・

ある程度の大きさになってしまうと殺せなくなるので、

癌が発症してしまいます

 

また年齢を重ねていくことにより

免疫力は低下してしまいます

 

子供はアトピーになりやすく、

老人は風邪が治りにくくなる。

 

“程よい”状態がいいということです

 

 

 

腸活というのはだいぶ聞くようになりましたが

 

肺活はまだまだ知れわたっていません

 

水や食べ物から入ってくる

ばい菌に対しては消化器系

空気から入ってくるばい菌に対しては

呼吸器系で免疫が働いています

 

体内で熱を発生させるのは筋肉。

筋肉を動かす→身体が熱くなる→代謝がよくなる→免疫力が上がる。

 

そこで呼吸が大切になります

それも深呼吸です

 

 

 

 

 

 

深呼吸では必ず腹式呼吸になり、

何度か続けると背筋が伸びて

お腹がへこむのがわかります

 

身体の中でいちばん大きな筋肉である

横隔膜を動かしています。

 

「ゆっくり吸ってゆっくり吐くこと」

「必ず鼻から吸うこと」

 

4秒鼻からすって

7秒息を止めて

8秒で口から吐く

そう4・7・8です

 

ではどおして鼻からかというと

肺の繊毛にはたくさんのリンパ球がいて

ばい菌を捕らえて外に出してくれるのですが

繊毛は乾いた空気を吸えば吸うほど

ひからびてしまい

壊れるらしいんです

 

鼻から空気を吸えば副鼻腔を通るときに加湿されて

湿度は100%になるらしいのです

 

 

吸いきって止めるのは、ホールドすることで肺が充分に膨らみます

肺の機能をフル活動することで免疫力が上がります

 

  • ホーム
  • メニュー
  • スタッフ
  • ヘアスタイル
  • エイジングケア
  • アクセス